Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

四駆道楽専門誌キュリアス編集室/ポンコツ四駆取扱所のブログです。 ツイッターもやっています。 https://twitter.com/CURIOUS_49
    0 0

    キュリアスVol.13の台割、つまり本の設計図の概略がまとまり、それに合わせて記事制作やレイアウトも進みつつあります。

    イメージ 1
    でも、この先、最低でも6~7回は台割の組み換えが発生するんです。
    だったら最初からこんなきったねー表なんてイラナイじゃんと思われるかもしれませんが、台割無しで進行すると128ページに収まらなかったり、とんでもないミスをやらかしたり、破綻するのです。
    もちろん普通はエクセルを使って見やすいものを皆に提示して会議などするのでしょうが、私がそんなもの作れるはずもなく。

    イメージ 2
    そこで本題です。
    Vol.13の試走記事でJ47を取り上げます。巻頭はUBSなので、J47は比較的短めのインプレです。
    そこでJ40系オーナー(過去形可)の皆さんから、愛車の写真と簡単な説明をいただき、働く四駆ではない趣味のジープとしての姿をご紹介したく、募集いたします。
    なにしろ対象となる方の人数が少なすぎて非常に心配ですが、我こそはという方はメールにて編集室(ponkotz_8@yahoo.co.jp)まで画像添付・送信をお願いします。要綱は下記の通りです。

    ・画像1枚(候補写真複数の場合、こちらで選択します)
    ・簡単な説明(キャプション数行くらいになります。こちらで加筆修正の場合があります)
    ・お名前・都道府県名(実名NGの方はその旨明記を)
    ・締め切りは6月26日(ギリギリで申し訳ありません!)

    ※ 画像サイズが小さいと印刷に適しませんので、横幅1500ピクセル以上が推奨です。
    ※「愛車の前でピース」的な写真は本誌の性格上、扱いにくいかもしれません。
    ※ 紙焼き写真も可能ですが、事前にメールで郵送日程をお知らせください。ネガ・ポジフィルム状態での送付は不可。


    さて、一向に回復の見込みがない「欲しい車がない病」のこと。
    なのにJB23Wを欲しいという方が現れて早く代替せねばと焦ったり、欲しい車の候補が目の前に連続で登場し、却って戦意喪失したり、まあどうしようもないです。

    すると過去にもあった症状なのですが、なぜかJ38の手入れが始まり・・・。
    イメージ 8
    これを第一線に復帰させることが根本的な治癒につながらないことは重々承知。さっさと売り払ってしまえば気持ちも落ち着くはずなんですが、見に来た方は何名もいますが話がまとまらず。「売らないオーラ」を出していることはないはず。

    そもそも、復活したところでガスは食うは遠距離取材には不向きだわ、通勤にはかったるいわボロいわでいいトコ無し。燃費が良くて軽快で、気兼ねなく遠くに行ける足車が一台必要な現実に変わりはないのです。

    イメージ 3
    11ヶ月も乗らないと錆が進みます。カサブタを壊して穴になったところに転換材を塗布ではなく注入。エアブロアで奥深くに浸透させます。見えないところ、届かないところが肝心。

    イメージ 4
    屋根も同様。錆穴はメンテナンスホールです。ここから転換材をタンマリ注入、ブロアで奥まで押し伸ばして・・・

    イメージ 5
    ・・・車両ごと傾けてルーフドリップの隅々に行き渡らせたり。

    イメージ 6
    ところが途中に穴が空いていて、ルーフドリップ全体に行き渡る前にドレンされてしまいました。まあ、いいか。

    根本治療=気に入った車両に代替だとすれば、腐れ縁的なJ38で気を紛らわすのは不治の病の緩和ケアとも思えてきます。でも緩和効果が高いのも事実。代替したら心にポッカリ穴が・・・とか?

    もし本当に復活させるのなら、次の「四駆道草林道紀行」に登板願う重要な意味があります。その理由は、うまくいったら誌面で。

    イメージ 7
    行き先の林道を決める参考書が28年前の本というのもアテになりません。市町村の名前まで変わっています。往年のルートを辿る意味ではありです。

    イメージ 9
    便利な車はいいな。





    0 0
  • 06/16/17--19:29: J58入庫 思案どころ
  • HZJ70Vの下取りで最終のJ58が入庫したわけですが、オーナー氏はわずか2ヶ月で手放しています。

    元からランクルが欲しかったのが最大の理由で、程度の良いHZJはきっとお買い得だったと思いますが、間もなく検切れのJ58が思案どころ。
    イメージ 1

    街の中古車屋で「車検に通る」ということで買ったそうですが、非公認の社外サス(社外であることすら知らされていなかった)、フェンダーカット、木っ端で下駄を履かせて固定した乗用車の流用座席、つぎはぎマフラー、どれも車検不適合です。さらに実走6万kmの触れ込みでしたが、記録簿がない。合っていないイリジウムプラグは真っ白けで溶けそうな塩梅で怖い。ミッションもガタがありそうな手応え。
    ご本人は「高い授業料ですよ」と笑っていましたが・・・。
    「最初からうちに相談してくれれば!」と言いかけて、最初から相談をもらっていたのに諸々の事情で先伸ばしにしていたことを思い出しました。申し訳ないことです!!

    イメージ 2
    車体はパー吹き仕上げのパテが割れ始めていますが、フレームは綺麗。ブラVと程度の良いベストップがセールスポイント。
    貴重なガソリンジープを溶鉱炉行きにできるはずもなく、しばしゴソゴソやって(ブラVは取材車に使う?)C13が校了した頃に抹消現状で放出しますか。書付きフレームだって活用の途はあります。

    全然関係ない話ですが、エビスビールのおまけが良い。
    イメージ 3
    あずさは設定なし。
    イメージ 4
    今のアラフォーはエル特急世代かもしれません。
    ファミコン・ガンダム・キン消しに一切手を出さなかったことはツイッターでも書きました。そういう小学生も案外多かったはず。



    0 0
  • 06/17/17--22:06: 来訪者(車)
  • イメージ 1

    同席の某氏が「かまどRVセンター」と称した光景。来訪車両も濃いですねぇ。
    右のJ26は出戻り販売物件になる予定。でもC13制作を先行させます。

    0 0

    出戻りといえば中国四国農政局号J26に続き、こちらも。


    前号校了時期に貰い手の見つかった昭和46年式J20Cです。本職整備屋さんの愛車として手直しののち屋根下保管で大切にされていたのですが、車ではなく人間の足回り故障によりAT車への代替を余儀なくされ、再び里親探し告知をする次第です。
    現車は岐阜にて保管中。商談が成立しそうであれば御殿場に搬送してもらう予定です。

    イメージ 1

    誌面で使った写真から一枚。ほかにも画像はあります。
    でも本当はキュリアス12を見ていただきたいと思います。解説も細部画像も沢山ありますから、それが早道です。

    価格は7つくらいかなと検討中。車検は通したそうです。
    屋根下保管できる方、知識・経験のある方でないと維持も運用も難しいハリケーンジープ、熱意ある方からの商談をお待ちしています。

    編集期間に突入しており、事務所は不在がちです。メールのお返事が少し(2~3日)遅いかもしれません。ご了承ください。電話での問い合わせには対応できません。



    0 0

    H16y 日産VHNY11  6:00出庫

    東名~圏央道
    イメージ 1
    圏央道といえば入間。この季節。
    思い返すと機能美展はアラサー以降の青春の1ページ・・・だった気がします。
    この先もどんどん圏央道を進み、未踏の常磐道へ。

    イメージ 2
    10:40 取材同伴の信州M坂氏と合流。VRGY60消防指揮車、極上。
    この界隈じゃ諏訪ナンバーと富士山ナンバーのコンビはガイジンの如し。なんせ範囲の狭いご当地ナンバー、少数派民族なので。


    11:00 取材先到着
    イメージ 3
    まずはF(記事にはならないかな)

    イメージ 4
    そしてP(これが真打)

    イメージ 5
    不意打ちのG(スリーポインテッドスターにあらず、スリーダイヤのG)

    イメージ 6
    まさかのDH100。いすゞプラザにも収蔵なし。


    イメージ 7
    おおお! ディスパッチャ!! 

    イメージ 8
    そそり立つモニュメント。タンクが小さく、ピボット片持ち。

    内容としては10ページ以上だって余裕のよっちゃんな取材先でしたが、特定のテーマに絞るので少ししか掲載できないのが残念。


    イメージ 9
    では参ろうか。

    イメージ 10
    水戸駅北口はカオス。どうすんのよ、全部富士重だ。
    藁納豆、黒豆納豆、しょぼろ納豆をしこたま買い込みました。

    イメージ 11
    とっても苦手な高速長距離移動。しかしADバンは本当に優秀。恐怖の横風も関係なし、ハンドルに手を添えていれば1★0km/h巡行、リラックスして走れるので翌日に疲れを持ち越さない。
    往復で650km無給油、先ほど入れたら42リッターで満タン。エアコン全開だったのに15.5km/Lと少食。高速道路なら電子スロットルのマズさも感じません。

    イメージ 12
    ガス代ではなく通行料金にビビる。

















    0 0

    ・・・スリッピーな路面でもいまひとつ四駆の効能が感じられないので、四輪持ち上げてタイヤ回して試しています。

    イメージ 1
    ビスカスカップリング式の四駆、フルタイム式とは名ばかり。実際そう謳われていませんが。
    今ではオンデマンド式なんて呼んでいますが、デマンドしてもセレクティブの直結時には程遠く。
    かといってギチギチに繋がるようにしたら、ゆっくり旋回時にもタイトコーナーブレーキングっ気が残ります。スズキの軽自動車とかがそんなギチギチな乗り味な気がします。サンバーのフルタイム四駆も。
    純アナログなビスカスがそんな様子だから、巷のSUVとやらはエレキのカップリングになって行くのでしょうね。

    さて、VHNY11はというとユルユルの設定っぽい。なので、きつい曲がり道でもFF車のようにスムーズに走れます。
    日常使用でリヤドライブを感じることはありませんし、急発進でも前輪がスピンするだけです。
    イメージ 2

    イメージ 3
    四輪空中浮揚、アクセル一定、ブレーキ警告灯に注目。少し詳しい方にはご説明不要と思います。
    ビスカス部も、思ったより過熱しない。

    と、まあ、どのくらいのユルさなのかは、色々やって分かってきました。あと数日、路上で乗り回してこの検証は一旦終了にします。記事にするかは、ちょっと分からなくなってきました。あまり面白くありませんのでね。
    ・・・やはり主役はBF6Mといすゞレオーネでしょう。



    0 0

    自分で作ったルートの長さに唖然・呆然。
    なので3回に分けて取材・・・というか走行します。
    泊まりよりは、日帰り数回の方が頭の整理がつきやすく。
    イメージ 4
    このルートを行くなら、あの車しかないのです。意味があるんです。
    端折って終わらせたくないので、試走記事の1本が次号積み残しになりそう。
    また台割変更です。



    懲りずに復活。休車期間は11ヶ月でした。
    イメージ 1
    欲しい車がない病が治癒せずに、この有様。
    見に来た人は何人もいましたが、売れなくて結果オーライなんだと思います。
    中古車欄から削除しました。


    イメージ 2
    クロカンをするわけではないので、主に故障時の備えを。
    距離が長いので、予備部品もある程度積んどきますか。
    序盤戦はユルめのルートですが、林道の紹介がメインディッシュでないのは本誌流です。
    数々の貴重な情報をご提供くださった皆様に感謝いたします。



    イメージ 3
    一昨日、見た看板。なんの映画だろう?
    この場所は本当によく、色んなロケに使われます。










    0 0
  • 07/10/17--21:07: C13 林道紀行前半
  • 11ヶ月ぶりに公道復帰したJ38は思ったほど体調を崩してはいませんでした。

    長距離走行前にさらに手を入れ、今までになく好調。

    欲しい車がない病は小康状態になりましたが、年間3万km近い走行をジープ1台で賄うのは無理・無駄の極み。
    どうでも良い用足しや通勤で機関部分を消耗させたくないしガス代ももったいないので、結局のところ「経済車」が必要なことに変わりはないのですが…… 購買意欲が失せた状態で中古車を検討するのは面倒くさい。
    距離を走ることを考えたら、諸税負担よりも燃料消費率を優先としたいところです。ならば四駆である必要もないかな?とか。それは行き過ぎか。

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    安楽ジムニーから移行して、こりゃ堪えそうだぞと思いましたが、体がジープの感覚を取り戻せば全然ハードではないですね。なぜか効くようになってしまった冷房の恩恵も大。イマドキ目玉もシールドビームに戻したら、却って視界良好です。


    でも市街地走行はかったるい。むしろ高速道路や郊外路で長距離を走ることが疲れません。
    そして非舗装の林道で感じるのは、1.5tの車体にあまり骨太でもないアクスルをぶら下げた絶妙な「か細さ」のバランス。バネ下の重たいランクルのドタバタ感や、全体に軽いジムニーの跳ねる感じの中間。今更ながら、これがジープか。サイズも良い。

    林道紀行中盤も準備万端。ここからは趣向を変えて四駆本らしくない仕上がりになるでしょう。
    しばらく中古車屋さんはお休みです。気になると止まらないのでオークション物色も一旦ストップ。

    0 0

    イメージ 1
    中盤の移動区間。この足の長い路線にも歴史が。

    イメージ 2
    中盤スタート地点。今回はオフロード色は一切ありません。悪しからず。

    イメージ 3
    古いガイドブックでは素掘りだったけど。

    イメージ 4
    探し物があり各駅停車状態。

    イメージ 5
    この下に・・・無理。

    イメージ 6

    イメージ 7
    大迂回決定。ダイヤ大幅に乱れ。

    イメージ 8
    災い転じて・・・。

    イメージ 9

    イメージ 10
    時は流れた。

    イメージ 11
    シールドビームは広く照らせて真っ暗闇でも安心ですが、カットの曖昧さは時として仇に。



    3日後、別件取材でまた高速移動。オイルが減っていてビビる。
    イメージ 13
    デロデロ追加投入。

    イメージ 12
    目的地への途中、別の記事の目的地を通る。

    イメージ 14
    「見ればわかる」は素敵な機械。ブラックボックスに興味なし。

    イメージ 15
    不思議で仕方ない。我々の通る前にBS671のフットプリントがあるんです。高機動車?メガ?誰?

    イメージ 16
    NANSEI-ISUZU

    イメージ 17
    南信一望。

    イメージ 18
    現物合わせ。

    イメージ 19
    これはE127系かな?勉強不足です。

    イメージ 20
    車検取得後いきなり1600kmも走らされた爺さんは死にそうです。気温32度でクーラー全開で登坂させる御者も悪い。

    イメージ 21
    怪しい箇所あり。

    イメージ 22
    ここは健全。

    イメージ 23
    なんか違うぞ。頭を抱えています。

    イメージ 24
    小嶋商会さんから、廃盤になったアストロン用エアクリーナーの代替品が発売されました。3個まとめての注文が送料の面でお得なようです。当方でもいずれ取り寄せる予定。






    0 0
  • 07/24/17--00:18: ジープJ38の燃費
  • 車検取得後20日間で1900km走り、メモ欄が満杯になりました。

    アストロンジープに乗っている(乗りたい)方のご参考に。

    イメージ 1

    1回目9.0km/L
    2回目7.7km/L
    3回目8.3km/L
    4回目7.9km/L
    5回目9.1km/L
    6回目8.5km/L

    ※ 215R15装着・算出時未補正 (マイナス4~5%程度が本当の数値)
    ※ 暖気運転なし・半分ほど冷房使用
    ※ エコランもしないが、飛ばしもしない
    ※ エンジンコンディションは完調ではない
    ※ レギュラーガソリン