Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

四駆道楽専門誌キュリアス編集室/ポンコツ四駆取扱所のブログです。 ツイッターもやっています。 https://twitter.com/CURIOUS_49
    0 0

    台割確定の結果2ページ余りまして、なんだか得した気分になって、ボツになったはずのブリタフト友の会を予備記事フォルダから使用フォルダに移動、レイアウトをお願いしました。


    もう1ページは仕掛かりのまま放置してしまったタイヤテストに使います。少ないスペースにどこまで書けるか怪しい限りですが、トラックタイヤを四駆に使おうなんていう妥協案を推奨する記事でありますから、縮小ボリュームで上等です。

    もともとはラガーに履かせていたデルベックスM634のセット。試走してもハッキリした感想を述べられずダメダメだなぁとしょげていましたところ、自分の車につけたら結論を見出すことができました。やはり慣れた車との組み合わせは分かりやすい。

    しかしこのJ38、売りに出しても誰も買わず、諦めて車検を取るなり巻頭特集のJ47やUBS69を押さえて主役級の登場回数となっています。売れなくて正解だったんだと思います。
    セールスポイントはNOx・PM適合だとか言っても、規制地域外の人にはなんの有り難みもないと痛感しました。

    イメージ 1
    215R15からの付け替えだと、205/85R16が大径トラクションタイヤに思えてきます。重そうだなぁ。


    イメージ 2
    市内を走ります。伊豆っ箱のB800Mが跡形もなく消えていました。隣接する原っぱのVキャンターも溶鉱炉行きのようでした。無念。


    イメージ 3
    この茂みの向こうにもJ44や二代目ダイナ高所作業車など、年代物の働く自動車が放置されていたのに、キレイさっぱり。



    イメージ 12
    こちらは市の管理下にある富士山測候所の二代目雪上車。経費を掛けられないのか、ただの怠慢なのか、ぞんざいな扱い。これでは駄目になります。
    ちなみに初代は裾野市が屋根下展示、三代目は露天ながら御殿場市の樹空の森で展示(以前紹介)されています。


    お次は峠道で試そうと一山越えますれば。
    イメージ 4
    松ぽっくりの古ブルリは、白ナンバー化されたF1912に代替されました。


    イメージ 5
    相棒はF8122に代替です。豪華な通学バスですねぇ。
    あと何年かしたら、富士山麓で最後に残る富士重工1Mということになるのでしょうか。

    そんなことより、街中では重いだと思っていたM634が、速度が上がるほど軽く走る意外な良さを見せてくれました。設計の新しいタイヤだけに転がり抵抗を相当考慮しているのでしょう。今まで履いたことのあるリブとかミックスは昔の型でしたから、ラジアルでも年々改良されているいうこと。


    イメージ 6
    数日間、市街地~バイパス~峠道~林道と乗り回して書き上げ、これから気付いた特徴は校正しながら付記・差し替えすることにしましょう。でも1ページでは文字数の制限が激しい。


    イメージ 7
    老体に鞭打ってこんな場面も走りましたが、そもそも向いていない。車もタイヤも。
    ただ、こんなJ38でも、屋根のないJ40系よりずいぶん捻りに対する剛性が高いということも再確認できました。ミシミシ鳴りますけどね。


    イメージ 8
    ブロックがもうちょい台形断面なら良いのでしょうが、目的外使用で文句は言えません。深い泥には近寄らない。


    イメージ 9
    会社で洗車をしていると、仕事中にマイカー洗ってやがるという視線が痛い。「試走中」のサボが必要ですな。


    イメージ 10
    表紙には前号のランクルFJ21に比べ、販売増に結びつかなそうな車種を選びました。
    私の好きな非グローバル車種、地味で良いでしょう?


    イメージ 11
    発売日申請も完了。11月19日のお台場イベントでも売りますので、少し遅めてそこに近い設定にしています。

    イメージ 13
    話は変わりまして、石川さんのところから預かっているCJ3Bの修理書・取説と、J4研究の合本(電子版)、まだありますので発送できます。入金はITFの口座にしていただく方法になります。





    0 0
  • 10/08/17--16:52: ADバン・オイル交換
  • 8月に運用開始したVHNY11も5000kmを走破。

    J38に比べたら壊れそうな気がしないし(ジープも実際は壊れないんですが)疲れないしガスを食わないし、しかも案外運転が面白いので遠慮なく走り回り、結局のところ月の食費が変わらないという。

    そんなことで一度目のオイル交換をいたしましょう。
    1800ccなのでオイルは4Lくらい必要かなと思いきや、調べたら僅か2.7L。それを知っていたら3000kmで交換していたよなぁ。

    イメージ 1
    レベルゲージの点検は習慣的に週一以上していまして、その度に「減ってない」ことが退屈でした。J38ではどんどん減って行くオイルを注ぎ足し注ぎ足し、そして交換時期を見失うという楽しさがありましたので。
    このADバンは5000km走って、レベルゲージ部分で5mmも下がらない。これって当たり前のことなんでしょうが、感動ものです。一時期乗っていたJM23W&JB23Wもオイルっ食いでして、KC-V46V以来の健全さ。
    汚れが少ないのも良いですね。古いエンジンではブローバイが増えて汚れまくるのは仕方ないのですが、それ以外にもEGR(人間でいえば食糞に相当)なども悪さをしているはず。ハイテク電子制御で元からクリーンな燃焼ならEGRも不要で、燃焼状態が良ければ煤も出にくい・・・のかな?
    まあいいや。C13の校正を読みたいのでさっさと交換作業をしましょう。


    イメージ 2
    頂き物の油脂を活用。「オイルの種類が違うぞ!」といわれそうですが、気にしません。30番なら良いんです。
    むしろ一応使えることになっている0W-20ってのは避けたい。あんなミシン油みたいなのは怖いです。

    交換後の変化を、今までの車で一番強く感じました。とにかく滑らか。
    現代のエンジンはそれだけオイルに依存しているのか、実はかなりオイルが劣化していたのか。猛暑でエアコン全開で山岳路を飛ばしたりすれば熱ダレもしますよね。


    イメージ 4
    売り物件の再告知。どなたか是非。
    車検は切れていて、幌スクリーン以外は程度良好。中古車欄に詳細アップしています。


    イメージ 5
    JR西日本(記録簿では津山鉄道部)の公共応急作業車。赤灯外し跡があるのと、サイレンアンプのためにグローブボックスが失われている以外は、超のつく上物です。4WD機構は私のインチキビスカス式とは異なり、信頼のセレクティブ。マニアな貴方には安価にお出しします。


    イメージ 3
    富士の雑貨屋さんに、あの有名な小田急LV-7Eがピザ売りに来ていました。














    0 0

    ちゃんとした出版社ではないので、こういう言葉の使い方がよくわかりません。

    要するに2度目の刷り出し、そして間違い探し。今回は128ページ一気に出します。
    本ができるのだという実感がわきますが、頭が冴えていない時に読んでも見落とすので意味がありません。クリップで留めて終了!

    イメージ 1
    取材に行くのも、書くのも撮るのも楽しいですが、まとめるのはいつまでたっても苦手だワン。


    イメージ 2
    ご協力により貴重な写真を収録できました。説明文が間違っていては元も子もないので、明日以降しっかり。



    イメージ 3
    暫定ではなく、本決まりのもくじになりました。ライオンのデカクリップは便利。


    イメージ 4
    ある牧場のトレーラーが6.00-16のダンロップ下駄山を履いていました。

    0 0

    本の顔である表1(いわゆる表紙)は最終調整で仕上げてもらっとるところでして、表4ができたのでリブロックガレーヂさんの宣伝を兼ねて公開いたします。

    ISBNや雑誌コードもVol.13用に付与されました。なんとか流通できそうです。今日はそれだけ!

    イメージ 1

    上にJRバスが出ているのは前号からの流れで「なんとなく」だったりします。撮影場所は本編とからんでおりますが。



    0 0

    イメージ 1
    内容はこれで確定いたします。書店発売日は11月15日で、これも確定です。

    なぜエムがお天道様の元に引っ張り出されたのか?8月以来、関係各位の間では暗黙の了解的に箝口令が敷かれていたようで、感謝感謝です。本編でしっかり解説しています。
      
    週明けには信濃国の印刷会社にて版が作られ、最終校正が戻ってきたら目を皿のようにして間違い探しゲームの最終章を行い、印刷工程に。
    ご注文は少々お待ちくださいね。受注体制が整っていません。「イチバンに注文したのに届かないじゃんか~」という事例も過去に発生しています。

    内容を一部かいつまんで。
    P42のダイナBU297はVol.8表紙の車でして、かなり姿が変わりました。「あの車は今」のつもりで取材したら勢いがついて試走記になってしまったというもの。車体が軽くなるのは素晴らしいことです。

    その結果、P48「あの車は今」は、日産キャリヤになりました。キュリアスVol.3とCCV-23を手元に置いてお楽しみください。きっかけは前号のFJ21の取材だったりします。四駆道楽の大先達、掛札氏のご協力で完成しました。

    P53の「長旅」は石川御大による新作エッセイ(?)。涙なしでは・・・ではなく、ズッコケ珍道中記です。

    P58の「四駆道草林道紀行」は、例によってなんの本なのかわからないページに仕上がりました。うちのJ38も老体に鞭打って活躍。

    また予告編を小出しにいたします。出てもいない本の制作回顧録を兼ねて。



    さてさて入庫車情報です。

    イメージ 2
    JA11Vの5型、64PSになった最終型です。軽自動車としては寿命尽き果て寸前の22年落ち16.5万km、しかしまだ走れそうです。保証はしませんが。

    イメージ 3
    これでもスチームできれいにしたんです。入念な日常整備の形跡は見当たりません。でも記録簿やラベルによるとオイル管理、定期的な整備はしっかりされています。
    ホース類だとか、細かなところを変えてから乗りたい雰囲気。


    イメージ 4
    試走するにも小径のバックスキン社外ハンドルは苦手なので、手持ちのSJ10前期ワッパを仮付け(売れたら戻します)。
    径が大きく触り心地がツルツルの黒電話素材は気分が良い。握りが細いのも良い。
    車内はタバコ臭・生活臭などなくて、サッパリしています。冷房は作動しますね。


    イメージ 5
    あれ~? 昨日は窓を閉め忘れて帰ったみたい。ずぶ濡れです。ディーラーだったら始末書モノの案件。


    イメージ 6
    車体のサビはボチボチ。アンダーフロアはきれいですから、自分で処置できる範囲。

    乗り味は、私が昔乗っていた1型に比べると、俊足というよりジェントルで重厚。同じJA11とは思えません。古いやつのほうがピーキーで血気盛ん。現在うちにある4型はATなので比較しづらく。

    それよりも5型から設定されたシルバー塗装の車体に、ジープ用の黒鉄チンと6.00の下駄山が似合うんだろうなと。バンパーも黒ペンキの一本棒がいいなと。そんなビジュアル系に走りそうです。

    機能美も大事、走破性も必要、しかしカッコも大事と日和り始めた今日この頃。「カッコ良い」の方向性はキュリアスな方向に限りますが。元から狭いボディじゃDENSHA-STYLEは演出できないな~。

    価格は6桁に届かぬ範囲でいかがでしょう?車検はもうすぐ切れます。タイヤが寿命です。実費手配可能。



     (広告)
    イメージ 7



    0 0

    予定通りです。ジャストインタイム方式。キュリアス誌で多く取り上げるトヨタ車が荒川鈑金で生産されていた頃は、もう少しジャストじゃない方式だったかもしれないですが。

    イメージ 1
    10:00郵政エブリイ到着。

    イメージ 2
    届いたのは信濃国で刷られたデジコン校正。今さら色具合を見てどうこうでもなく、ちょっと日本語がおかしい部分にも目をつぶり、事実関係もこれで良しとして、とにかく誤字脱字を洗い出します。
    2時間がんばって6箇所見つけたので、ブログなど書きながら休憩を。

    しかしまあ、何度も加筆・修正を加えたことによる「文章のいじり壊し」的な匂いがしますなぁ。修正したために「は」とか「が」が重複したり落っこちたり。それで意味するところが違っちゃうんだから難しい。
    キャブレターを何度も組み直しているうち、ワケがわからなくなるのと似ています。チェックボールがどこかに転がっていってしまうなんて「。」が無くなっているのと同じ現象。タイムリミットですので、心を落ち着け安全運行です。


    イメージ 4
    画竜点睛、バーコードが入った途端、本らしくなります。



    と言いつつ、あえてバーコードをつけないことに意味を見出した本もあります。
    それがCURIOUS-ZINEシリーズ。

    新刊Vol.13と一緒に11/19のお台場イベントに持って行きます。
    これらは通販・業販するほど残部がないので絶版扱いにしていますが、倉庫のダンボールを片っぱしから開けて探し出しました。イメージ 3
    キュリアス本誌と違って増刷も可能ですが、そこまでの要望もないといいますか、少部数印刷だと割に合わないという事情もあるといいますか。
    それでも「001-はたらく四駆」は第二刷として300冊追加投入した覚えがあります。なので、次こそ打ち止めと思いますが、どうでしょう。



    校正が届くまで、食料買い出しに信州へ。
    イメージ 5
    この3倍くらい、信州の海の幸・山の幸を買い込みました。

    海なし県で海の幸とはいかに?
    イメージ 6
    ケンミンショーでやっていたからではありません。このビタミンちくわを知ったきっかけは・・・。

    イメージ 7
    昭和63年8月撮影。
    なんだか怖い一休さんが岡谷本線を走るBU20のドテッパラに描かれています。昭和46年式の諏訪バス358号は、この年のうちに廃車となりました。ラッピングではなく、看板職人が筆で描いた車体広告です。

    イメージ 8次次に出会ったのは年号が変わって最初の夏。
    松本電鉄238号は昭和47年式の古参車。都会化しつつある松本の街並みにそぐわない、一種独特の佇まい。こちらにも、ちょっと怖い一休さんが描かれています。とにかく「ヤマヨ食品 マル辰 ビタミンちくわ」その商品名が四半世紀も脳裏から離れませんでした。

    しかし、どのスーパーに行っても、ナナオと紀文しかありません。ヤマヨは無くなってしまったようです。いずれにせよ信州のソウルフードです。さっそく食べたら、ちくわでした。ビタミン味は特にしない。
    紀文なんて横浜で作ってるんだから、御殿場でも買えればいいのに。


    そしてこれも強い。
    イメージ 9
    「静かなるブームの波紋を拡げる!!」
     校正作業中の思考回路を破壊する文言です。こういう見出しを考えないと。


    裏面はさらに凄い。
    イメージ 10
    なにが凄いって、文言からは想像しがたい、もとい文言通りに、たいへん美味であることです。栗と豆の香りがとにかく良い。らくがん=砂糖を固めた味気ない菓子という概念を打ち砕く商品です。なのでもう一度、りんごシーズンのうちに買いに行くことにしました。

    さて、続きをやりますかね。










    0 0

    中古車のお尋ねメールも少しもらっておりますが、現車確認等はしばしお待ち願います。本日すべて返信しました。


    キュリアスVol.13は無事校了して、今日あたり信州佐久市の印刷工場でガチャンガチャンと刷っていると思います。

    富士山麓のデザイン工場では、書店さん向けの販促品を制作してもらっとります。
    「好評発売中」なんて書いてありますが、まだ発売していません。店頭に並ぶのは15日です。


    イメージ 2

    イメージ 3


    書籍販社さんには、取次窓口への押しの一手で流通部数をなんとか増やしてもらいました(微増)。
    通販サイトもたいへん便利ですが、お近くに大型書店のある方は、ぜひ本屋さんもご利用ください。

    それでも全書店の何分の一でしょうか、配本があるのは。発売が近くなったら、判明している限りの配本店リストを公開します。



    イメージ 1
    19日のお台場イベントでも販売します。J38に10束(200冊)は積んでいきますので、会場でも是非。
    まったく色んなところで買ってくださいって、支離滅裂で申し訳ない限り。

    バックナンバーVol.9~12や、廃盤になったZINE001~002も発掘しましたので、持ち込みます。
    デロちゃんの本やシュタイヤー本のほか、弊社刊行物は全タイトル、ぽると出版さんの働く自動車系の本もいくつか追加します。



    イメージ 4
    昨年は出展を欠席しましたので、今年は目玉商品を持ち込みます。キュリアス新刊も目玉ですが、イベント当日発売・直販限定のZINE-003を開発中。これを期日に間に合わせたいので、まだご来訪対応ができないのです。

    イメージ 5
    一部のマニア向け(でしょうねぇ)。バスの本なんですが、廃車ばかり並ぶ不気味な構成。方向幕を出して運用中の姿なんて載っていませんから、一般的なバスマニアの人にも受けないはず。

    刷り部数はキュリアス本誌の1~2割くらいに留めます。校了次第、タイトルや価格など告知します。会場に来られる皆様、よろしくお願いします。



    今日は一台引き渡し、一台買い入れ。在庫車両の新陳代謝が、ほんの僅かに進みました。
    イメージ 6
    このフォワード全駆、存在そのものがキュリアスです。無事到着されたでしょうか。





    0 0

    ホームページからご予約を承ります。11日までの受付分は、入荷次第(なるべく)早急に準備します。


    ブログコメント欄での受付は、発送リスト作成の都合、6日までとなります。
    (短期間ですみません)



    イメージ 1



    以下は、前号で2冊以上配本のあった書店名リストです。
    完全に同じとは言えませんが、全体の配本部数は微増ですので、ここに名前のあるお店ならお求めいただけるのではと思います。他にも大手チェーン店・老舗店への配本があるようです。
    配本維持のためにも「おっ、近所にあるぜ」という方は是非とも!!



    ◆北海道 
    コーチャンフォー ミュンヘン/新川通り/美しが丘/釧路店/北見店/旭川店
    リライアブル ルート38号店/運動公園店/根室店
    紀伊国屋書店札幌本店
    宮脇書店 帯広店
    蔦屋木野店 
    ツタヤ名寄店 
    岡本書店恵庭店

    ◆青森県
    伊吉書院 西店/類家店

    ◆岩手県
    エムズエクスポ 盛岡店
    ブックポートネギシ 猪川店
    東山堂 三ッ割店
    盛岡蔦屋書店
     
    ◆山形県
    宮脇書店 天童店
    こまつ書店 寿町本店/西田店/桜田店/東根店
     
    ◆宮城県
    ヤマト屋書店 中里店/あけぼの店/東仙台店/三越店
    ブックスなにわ 多賀城店
    宮脇書店 新泉ヶ丘店/新鹿島台店
    蔦屋 仙台泉店
    紀伊国屋書店 仙台店


    ◆秋田県
    加賀谷書店 茨島店
    スーパーブックス八橋店
    デンコードー大仙店

    ◆福島県
    宮脇書店 ヨークタウン野田店/大玉店
    岩瀬書店 富久山店/福島駅西口店
    スーパーブックス新白河店
    みどり書房 福島南店

    ◆新潟県
    宮脇書店 見附店
    HIRASEI遊 柏崎柳田店/豊栄インター店/蔦屋村上店/蔦屋巻店/糸魚川店
    緑岡書店
    コメリ書房 五泉店/新発田店 
    蔦屋 長岡新保店/横越BP店

    ◆石川県
    明文堂書店 金沢野々市店/金沢ビーンズ
    文苑堂書店 示野本店/羽昨店/入江店


     
    ◆富山県
    文苑堂書店 清水町店/藤の木店/熊野店/福田本店/氷見店
    明文堂 新庄経堂店 
    BOOKSなかだ本店/ファボーレ店

    ◆群馬県
    ブックマンズアカデミー 高崎店/太田店/前橋店
    蔦屋 前橋南店
    文真堂 原町店/阿佐見店/上原店 連取本町店 
    紀伊国屋書店 前橋店

    ◆栃木県
    文真堂 足利助戸店
    サンライズ 御幸ヶ原店/片柳店/高根沢店
    進駸堂
    ビッグワンさくら店
    宮脇書店 佐野店

    ◆茨城県
    オ-クスブックセンタ-つくばアッセ店
    三洋堂書店石岡店
    ささもと書店
    ブックエース結城店
    蔦屋ひたちなか店

    ◆埼玉県
    文真堂 美土里店
    ゲオ鴻巣店
    ブックスタマ所沢店
    須原屋
    福仙堂北戸田店
    ヤンブーブック
    ブックファーストルミネ大宮店
    オークスブックセンター岩槻店
    芳林堂書店所沢駅ビル店
    ヴィレッジヴァンガードかしわ沼南SA店
    宮脇書店 行田持田店/朝霞店
    蔦屋フォレオ菖蒲店
    一清堂上尾店

    ◆千葉県
    宮脇書店 稲毛長沼店
    コーナンBOOKS 市川原木店
    福家書店 市川店
    精文館木更津店
    住吉書房市川店
    ワンダーグー茂原店
    ツタヤ市原五井店
    未来屋書店 成田店
    ヴィレッジヴァンガードかしわ南SA
     
    ◆東京都
    書泉グランデ
    書泉ブックタワー
    紀伊国屋 新宿本店/新宿南店
    八重洲ブックセンター
    山下書店 東銀座店/渋谷南口店/大塚店
    あおい書店 中野本店/六本木店/高田馬場店
    代官山蔦屋書店
    三省堂書店 本店
    ブックファースト 大井町店/レミィ五反田店/自由が丘店/二子玉川店/新宿店/ルミネ町田店 etc
    明正堂アトレ上野店
    福家書店アリオ北砂店
    久美堂本町田店
    コーチャンフォー若葉台店
    蔦屋 多摩永山店

    ◆神奈川県
    あおい書店 横浜店/上大岡店/川崎駅前店
    あゆみBOOKS 綱島店
    サクラ平塚駅ビル店
    紀伊国屋 横浜店
    有隣堂 横浜駅西口店
    住吉書房 元住吉店/武蔵中原店/新杉田店/保土ヶ谷店/東戸塚店
    ブックファースト青葉台店/ボーノ相模大野店
    精文館 下永谷店
    紀伊国屋書店 ららぽーと横浜店
    蔦屋書店 湘南T-SITE
    伊勢原書店 秦野店/城山店
    ミクニ書店(開成町)

    ◆静岡県
    戸田書店 御殿場店/函南店 /富士宮店
    吉見書店 竜南店/長田店
    明屋書店 浜松渡瀬店/イケヤ高林店
    アマノ 有玉店
    谷島屋 富士宮店
    あおい書店富士店
    江崎書店 イトーヨーカドー静岡店/袋井店
    ムラカミ書店アネックス店(下田市)
    明屋書店浜松渡瀬店
    ジャック鷲津駅前ブック館
     
    ◆山梨県
    朗月堂書店
    BOOKS KATOH 富士吉田店
     
    ◆長野県
    平安堂 
    佐久インターウェーブ店/長野店/川中島店/更埴店
    須坂店/若槻店/東和田店/上田店/上田しおだ野店/伊那店/塩尻店

    MARUZEN&ジュンク堂 松本店
    笠原書店(岡谷市)
    西澤書店(佐久市)
    きたながの書店
    三洋堂書店駒ヶ根店
    蔦屋 上田大屋店/松本庄内/塩尻店
    宮脇書店 軽井沢店

    ◆愛知県
    あおい書店 西尾店/豊川店/土井店/上里店/六名店/西春店/新大府店
    本の王国 刈谷店/豊田吉原店/知多店/安城店
    精文堂三ノ輪店
    らくだ書店 本店/東郷店
    ヴィレッジヴァンガード 本店/イースト/イオンモ-ル長久手/オートバックス(港区)/ヒルズウォーク徳重
    三洋堂書店 中野橋店/新開橋店
    ツタヤいまじん白揚店
    精文館 汐田橋店/豊明店/安城店
    ツタヤ瀬戸店

    ◆岐阜県
    カルコス各務原店
    あおい書店 可児店
    三洋堂書店 瑞浪中央店/川辺店/垂井店
     
    ◆京都府
    アバンティブックセンター アミーゴ書店洛北店
    宮脇書店 京都店/舞鶴店/綾部店
    平和書店TSUTAYAアル・プラザ城陽店
     
    ◆滋賀県
    ハイパーブックス 長浜店/彦根店/八日市店/かがやき通り店/駒井沢店/水口店/大津京店
    アバンティブックセンター南草津店
    ABC草津店
    サンミュージック守山店/近江八幡店/今津店/長浜店

    ◆三重県 
    三洋堂書店 星川店/生桑店/白塚店/名張店
    コメリ書房 鈴鹿店/上野店

    ◆大阪府
    ハイパーブックス茨木店
    BOOKS TAKI
    MARUZEN &ジュンク堂 梅田店 
    紀伊国屋書店 梅田本店/グランフロント大阪店/本町店
    福家書店アリオ鳳店
    パルネット狭山店/高石店
    ブックファースト三国店
    紀伊国屋書店 グランフロント大阪店
     
    ◆奈良県
    宮脇書店 生駒北店
    三洋堂書店 大安寺店/香芝店/榛原店/平群店
    スーパーブックス ブックトピア法隆寺

    ◆和歌山県
    宮井平安堂 貴志川店
    ブックアベニュー紀州屋
     
    ◆兵庫県 
    アミーゴ書店 HAT神戸店
    宮脇書店 神戸北店/洲本店
    紀伊国屋書店 加古川店/川西店
    パルネット小野店
    紀伊国屋書店 加古川店
    井戸書店
    ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
    三峰堂(名川町)

     
    ◆岡山県
    宮脇書店 岡山本店/新笠岡店/笹沖店/総社店/ブックスフリーウェイ新見店/PLANTBOOKコーナー
    ブックセンターコスモ津山店
    マルナカ美作店

    ◆愛媛県
    明屋書店 松山本店/大洲店/西条本店/喜田村店/宇和島店/新居浜本店/MEGA西の土居店
    宮脇書店 今治本店/フレスポ西条店
     
    ◆香川県
    宮脇書店 総本店/南本店/新仏生山店 

    ◆徳島県
    カルチャーシティ平惣 川内店/阿南センター店/石井店
    附家書店 松茂店
    BOOKSジュピター


    ◆島根県
    ブックセンタージャスト 大田店/高津店/岩吉店/コスモ吉方店 

    ◆山口県
    明屋書店 MEGA大内店/MEGA新下関店/光店
    宮脇書店 湯田店/徳山店

    広島県
    フタバ図書 横川店/TERA 
    ◆福岡県
    白石書店 本店/S-PAL若松店
    明屋書店 苅田店/宗像店/伊加利店
    紀伊国屋書店 福岡本店
    BOOK WOrM川宮店 

    ◆熊本県
    青柳書店 阿蘇店
    長崎書店(中央区)
    紀伊国屋書店 光の森店

    ◆鹿児島県
    メディアジャングル志布志店
    クッキー明屋書店川内店
    ブックスミスミ オプシア

    ◆宮崎県
    明屋書店川南店 


    ◆大分県
    明屋書店 中央町店/コスモタウン佐伯店/杵柄野田店
     
    ◆沖縄県
    宮脇書店 大山店/経塚シティ店

    (2016.12.23改定・情報あり次第、逐次追記削除いたします)

    ◆北海道 
    コーチャンフォー ミュンヘン/新川通り/美しが丘/釧路店/北見店/旭川店
    リライアブル ルート38号店/運動公園店/根室店
    紀伊国屋書店札幌本店
    宮脇書店 帯広店
    蔦屋木野店 
    ツタヤ名寄店 
    岡本書店恵庭店

    ◆青森県
    伊吉書院 西店/類家店

    ◆岩手県
    エムズエクスポ 盛岡店
    ブックポートネギシ 猪川店
    東山堂 三ッ割店
    盛岡蔦屋書店
     
    ◆山形県
    宮脇書店 天童店
    こまつ書店 寿町本店/西田店/桜田店/東根店
     
    ◆宮城県
    ヤマト屋書店 中里店/あけぼの店/東仙台店/三越店
    ブックスなにわ 多賀城店
    宮脇書店 新泉ヶ丘店/新鹿島台店
    蔦屋 仙台泉店
    紀伊国屋書店 仙台店


    ◆秋田県
    加賀谷書店茨島店
    スーパーブックス八橋店
    デンコードー大仙店

    ◆福島県
    宮脇書店 ヨークタウン野田店/大玉店
    岩瀬書店 富久山店/福島駅西口店
    スーパーブックス新白河店
    みどり書房 福島南店

    ◆新潟県
    宮脇書店 見附店
    HIRASEI遊 柏崎柳田店/豊栄インター店/蔦屋村上店/蔦屋巻店/糸魚川店
    緑岡書店
    コメリ書房 五泉店/新発田店 
    蔦屋 長岡新保店/横越BP店

    ◆石川県
    明文堂書店 金沢野々市店/金沢ビーンズ
    文苑堂書店 示野本店/羽昨店/入江店


     
    ◆富山県
    文苑堂書店 清水町店/藤の木店/熊野店/福田本店/氷見店
    明文堂 新庄経堂店 
    BOOKSなかだ本店/ファボーレ店

    ◆群馬県
    ブックマンズアカデミー 高崎店/太田店/前橋店
    蔦屋 前橋南店
    文真堂 原町店/阿佐見店/上原店 連取本町店 
    紀伊国屋書店 前橋店

    ◆栃木県
    文真堂 足利助戸店
    サンライズ 御幸ヶ原店/片柳店/高根沢店
    進駸堂
    ビッグワンさくら店
    宮脇書店 佐野店

    ◆茨城県
    オ-クスブックセンタ-つくばアッセ店
    三洋堂書店石岡店
    ささもと書店
    ブックエース結城店
    蔦屋ひたちなか店

    ◆埼玉県
    文真堂 美土里店
    ゲオ鴻巣店
    ブックスタマ所沢店
    須原屋
    福仙堂北戸田店
    ヤンブーブック
    ブックファーストルミネ大宮店
    オークスブックセンター岩槻店
    芳林堂書店所沢駅ビル店
    ヴィレッジヴァンガードかしわ沼南SA店
    宮脇書店 行田持田店/朝霞店
    蔦屋フォレオ菖蒲店
    一清堂上尾店

    ◆千葉県
    宮脇書店 稲毛長沼店
    コーナンBOOKS 市川原木店
    福家書店 市川店
    精文館木更津店
    住吉書房市川店
    ワンダーグー茂原店
    ツタヤ市原五井店
    未来屋書店 成田店
     
    ◆東京都
    書泉グランデ
    書泉ブックタワー
    紀伊国屋 新宿本店/新宿南店
    八重洲ブックセンター
    山下書店 東銀座店/渋谷南口店/大塚店
    あおい書店 中野本店/六本木店/高田馬場店
    代官山蔦屋書店
    三省堂書店 本店
    ブックファースト 大井町店/レミィ五反田店/自由が丘店/二子玉川店/新宿店/ルミネ町田店 etc
    明正堂アトレ上野店
    福家書店アリオ北砂店
    久美堂本町田店
    コーチャンフォー若葉台店
    蔦屋 多摩永山店

    ◆神奈川県
    あおい書店 横浜店/上大岡店/川崎駅前店
    あゆみBOOKS 綱島店
    サクラ平塚駅ビル店
    紀伊国屋 横浜店
    有隣堂 横浜駅西口店
    住吉書房 元住吉店/武蔵中原店/新杉田店/保土ヶ谷店/東戸塚店
    ブックファースト青葉台店/ボーノ相模大野店
    精文館 下永谷店
    紀伊国屋書店 ららぽーと横浜店
    蔦屋書店 湘南T-SITE
    伊勢原書店 秦野店
    ミクニ書店(開成町)

    ◆静岡県
    戸田書店 御殿場店/函南店 /富士宮店
    吉見書店 竜南店/長田店
    明屋書店 浜松渡瀬店/イケヤ高林店
    アマノ 有玉店
    谷島屋 富士宮店
    あおい書店富士店
    江崎書店 イトーヨーカドー静岡店/袋井店
    ムラカミ書店アネックス店(下田市)
    明屋書店浜松渡瀬店
    ジャック鷲津駅前ブック館
     
    ◆山梨県
    朗月堂書店
    BOOKS KATOH 富士吉田店
     
    ◆長野県
    平安堂 
    佐久インターウェーブ店/長野店/川中島店/更埴店
    須坂店/若槻店/東和田店/上田店/上田しおだ野店/伊那店/塩尻店

    MARUZEN&ジュンク堂 松本店
    笠原書店(岡谷市)
    西澤書店(佐久市)
    きたながの書店
    三洋堂書店駒ヶ根店
    蔦屋 上田大屋店/松本庄内/塩尻店
    宮脇書店 軽井沢店

    ◆愛知県
    あおい書店 西尾店/豊川店/土井店/上里店/六名店/西春店/新大府店
    本の王国 刈谷店/豊田吉原店/知多店/安城店
    精文堂三ノ輪店
    らくだ書店 本店/東郷店
    ヴィレッジヴァンガード 本店/イースト/イオンモ-ル長久手/オートバックス(港区)/ヒルズウォーク徳重
    三洋堂書店 中野橋店/新開橋店
    ツタヤいまじん白揚店
    精文館 汐田橋店/豊明店/安城店
    ツタヤ瀬戸店

    ◆岐阜県
    カルコス各務原店
    あおい書店 可児店
    三洋堂書店 瑞浪中央店/川辺店/垂井店
     
    ◆京都府
    アバンティブックセンター アミーゴ書店洛北店
    宮脇書店 京都店/舞鶴店/綾部店
    平和書店TSUTAYAアル・プラザ城陽店
     
    ◆滋賀県
    ハイパーブックス 長浜店/彦根店/八日市店/かがやき通り店/駒井沢店/水口店/大津京店
    アバンティブックセンター南草津店
    ABC草津店
    サンミュージック守山店/近江八幡店/今津店/長浜店

    ◆三重県 
    三洋堂書店 星川店/生桑店/白塚店/名張店
    コメリ書房 鈴鹿店/上野店

    ◆大阪府
    ハイパーブックス茨木店
    BOOKS TAKI
    MARUZEN &ジュンク堂 梅田店 
    紀伊国屋書店 梅田本店/グランフロント大阪店/本町店
    福家書店アリオ鳳店
    パルネット狭山店/高石店
    ブックファースト三国店
    紀伊国屋書店 グランフロント大阪店
     
    ◆奈良県
    宮脇書店 生駒北店
    三洋堂書店 大安寺店/香芝店/榛原店/平群店
    スーパーブックス ブックトピア法隆寺

    ◆和歌山県
    宮井平安堂 貴志川店
    ブックアベニュー紀州屋
     
    ◆兵庫県 
    アミーゴ書店 HAT神戸店
    宮脇書店 神戸北店/洲本店
    紀伊国屋書店 加古川店/川西店
    パルネット小野店
    紀伊国屋書店 加古川店
    井戸書店
    ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
    三峰堂(名川町)

     
    ◆岡山県
    宮脇書店 岡山本店/新笠岡店/笹沖店/総社店/ブックスフリーウェイ新見店/PLANTBOOKコーナー
    ブックセンターコスモ津山店
    マルナカ美作店

    ◆愛媛県
    明屋書店 松山本店/大洲店/西条本店/喜田村店/宇和島店/新居浜本店/MEGA西の土居店
    宮脇書店 今治本店/フレスポ西条店
     
    ◆香川県
    宮脇書店 総本店/南本店/新仏生山店 

    ◆徳島県
    カルチャーシティ平惣 川内店/阿南センター店/石井店
    附家書店 松茂店
    BOOKSジュピター


    ◆島根県
    ブックセンタージャスト 大田店/高津店/岩吉店/コスモ吉方店 

    ◆山口県
    明屋書店 MEGA大内店/MEGA新下関店/光店
    宮脇書店 湯田店/徳山店

    広島県
    フタバ図書 横川店/TERA 
    ◆福岡県
    白石書店 本店/S-PAL若松店
    明屋書店 苅田店/宗像店/伊加利店
    紀伊国屋書店 福岡本店
    BOOK WOrM川宮店 

    ◆熊本県
    青柳書店 阿蘇店
    長崎書店(中央区)
    紀伊国屋書店 光の森店

    ◆鹿児島県
    メディアジャングル志布志店
    クッキー明屋書店川内店
    ブックスミスミ オプシア

    ◆宮崎県
    明屋書店川南店 


    ◆大分県
    明屋書店 中央町店/コスモタウン佐伯店/杵柄野田店
     
    ◆沖縄県
    宮脇書店 大山店/経塚シティ店





    0 0

    事前注文を頂いている特約店様には今日から梱包発送開始。メールオーダーご予約分は一人で作業するとミスをやらかしますので、明日月曜日から火曜にかけて発送します。



    編集室での手渡し販売は明日からできます。書店取次拠点にも納品が完了したようです。

    イメージ 1

    イメージ 2
    ジープ純正のねずみ色は表紙には地味だなぁ。でも書店店頭ではかえって目立つというか、異彩を放つのだろうか。皆様ぜひお求め下さい。


    0 0

    昨日から発送作業を開始しまして、これにて事前予約をいただいていた分はすべて完了。近県の方には発売日にジャストインタイム。遠方の方には1~2日遅延で到着すると思います。

    山積みとなっていた新刊の束が無くなって、編集室内に充満していた新本の匂いが消えたのはチト寂しいですな。

    イメージ 1
    本日午後の分。午前はこの半分くらいでした。
    人員2名で混乱も少なく、数量違いや宛先違いはないと信じたいところ。
    金曜あたりでも届かないなぁという方は、お手数ですがご一報ください。


    雨なのでデリカカーゴが一時留置に役立ちます。
    イメージ 2
    よろしくお願いします!!

    イメージ 3
    このデリカカーゴは出戻り入庫したばかり。
    車検たっぷりでどうぞ。お買い得車・・・でしょう。
    私の好きなKC-年代のヨンクです。


    イメージ 4
    225のデカタイヤがルックスの上で気になるので、
    195の純正品に交換して、少し乗りながら撮影したいと思います。


    イメージ 5


    発送が終わったら、営業活動のスタートです。店頭用ポスターが色々あるんです。
    これをA4やらB4やらに刷って、扱い部数の多い書店さんに配り歩いたり、郵送したりします。
    これが案外楽しい。


    イメージ 6


    19日のお台場旧車天国の準備もありますが、それはササッと。
    値札を作って段ボールに詰めてJ38に放り込んどきますかね。

    キャブ交換やラジエター再修理は間に合いませんでした。
    (意味するところは林道紀行の記事で)

    イメージ 7
    さすが発売前日となると、アマゾンでも良い位置につけています。CARトップの壁はデカい。
    本誌くらいの発行部数でこの順位ということで、自動車雑誌の衰退ぶりを痛感したりもしますが。